TOPICSトピックス

  • ホーム>
  • トピックス>
  • エッジデバイスのセキュアな稼働を可能にする、アドバンテックのUbuntuサービス

エッジデバイスのセキュアな稼働を可能にする、アドバンテックのUbuntuサービス

2024/01/15


Ubuntu の ”強固なセキュリティ”

 

Livepatch セキュリティ メンテナンス&サポート
Livepatchは、Linux Kernelの重大な脆弱性に関する予定外の保全作業を低減します。Livepatchにより稼働中のシステムのカーネルにセキュリティパッチを適用することができるため、サービスを停止することなくセキュリティ対策ができます。

定期的にCVE(共通脆弱性識別子)とバグに対する修正を行い、十分なテストを行った上でカーネルに実装されます。

 

 

 

システム堅牢化ツール 「CIS」 簡易なファイアウォール構築ルーツ (UFW)

CIS(the Center of Internet Security) は、システム構成がセキュリティ基準 を満たしているかどうかの監査と 監査と適合チェックを自動的に行います。

 

デフォルトで用意されているUFW(Uncomplicated Firewall)は、 ユーザーフレンドリーなインターフェースで、簡単にIPv4/IPv6環境の ファイアウォールが設定できます。

 

セキュアブート パーティションの暗号化

ファームウェアから安全にデバイスを ブートすることができます。

 

 

 

不正なデータアクセスや、デバイスの紛失・盗難にあっても、データが暗号化されているので情報漏洩の 心配はありません。

 

 

 

※ Ubuntu Pro for IoTで提供予定の機能です。Ubuntu Pro for IoTは2024年前半にリリース予定です。

   詳しくは、問合せ窓口または弊社営業担当までお問合せください。

Ubuntu認証済み 産業用PC

 

1U 産業用PC (Mini-ITX) デジタルサイネージ用PC 産業用PC ファンレス

エッジ デバイスサーバー

EPC-T4218

DS-410 EPC-C301 EI-52

コンパクト システム

組込みPC ファンレス IoT エッジ ゲートウェイ 車載コントローラー
MIC-75G20 EPC-U3233 UNO-420 ITA-460

 

 アドバンテックは、Canonical社による厳格なUbuntu互換性試験、機種認定プロセスを経て、Ubuntu Certified(認証済み)商品としてエッジデバイスをはじめマザーボードなど多くの製品を提供しています。

 

アドバンテックの Ubuntuサポート体制

 

 国内有数の技術系システムインテグレーターである株式会社SRA(www.sra.co.jp)とパートナー契約を締結し、日本語によるサポートサービスを提供しています。

 

 

 

  詳しくは『国内でのUbuntu OSサポート強化 アドバンテックとSRAが業務提携を発表』をご確認ください。

 

リリース文(2022年12月20日)

関連情報